飲むと眠気がくる?

チャンピックスの主な副作用としては、嘔気、頭痛、腹痛、眠気、不眠、便秘などがあります。

軽視されやすいですが、最も注意すべき副作用は眠気です。

チャンピックスは脳内の受容体に作用するので、抗うつ薬や睡眠薬などの向精神薬に近い薬です。

眠気とありますが、意識が朦朧として混濁する意識障害に至る恐れもあります。

過去にチャンピックスを服用した患者が車を運転して、突然意識消失し交通事故を起こした事例が報告されています。

そのため厚生労働省は2011年に、製造元のファイザーに対し、添付文書に「服用後は自動車の運転など危険を伴う機械の操作はさせないでください」という文章の明記を命じました。

これらのことから、チャンピックスは副作用に十分注意した上で内服することが重要です。

チャンピックスは、国内初の内服する禁煙補助薬で、成分にニコチンを含みません。

また、この薬を12週間継続して服用した患者の83.3%が禁煙に成功したと言われている効果の高い禁煙補助薬です。

作用機序としては、脳内のニコチン受容体と強く結合し、ニコチンの結合を妨げ、刺激作用と拮抗作用を示します。

まず刺激作用ですが、ニコチン受容体を軽く刺激することで少量のドパミンを放出させ、禁煙に伴う離脱症状やタバコに対する欲求を軽減します。

その際放出されるドパミンの量は、ニコチンの半分程度です。また拮抗作用は、ニコチンがニコチン受容体に結合することを妨げ、ニコチンの作用を弱める機序のことです。

ニコチンによるドパミン放出量が抑制されるので、喫煙した際の快感が減少し、喫煙による満足感が徐々に薄れ、喫煙欲が抑えられるわけです。

チャンピックス通販※禁煙補助薬を最安値で購入するトップページへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です